読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラ日記

日々のことをつづります

職場

今年度いっぱいで辞める一つの職場。とある私立高校。

私の担当科目は幼児教育コースのピアノ。レッスン自体は個人プレーだが、同じクラスを複数人の先生で担当するため、全くの個人プレーではいられない。音楽を教える人間としても1人の人間としても、なんと低次元の人間の集まり。よくこれだけ集まったなとある意味感心する。というか、こういう類の人間しか留まれない場所。

昨日も、子供の喧嘩のようなやりとりが教師間であり、ある意味面白がって見ていた。どんな思考回路しとんねん。

性格が悪いだけだったら別に良い。プライベートでかかわるわけではないから。でも仕事での次元が低いのはこちらにも大きな影響がある。それは無理。仕事云々という以上に、こんな低次元の人間たちと働きたくない、自分のやっていることにちゃんと納得したい私には無理。来年度から働きにくる大学院修了したての若い人が来て「は〜〜〜昨日は緊張してあまり寝られなかったです〜〜」とか言ってたけど、、、今だけよ。去年の自分を見てるようだったわ。まぁ私は緊張で眠れないなんてことはなかったが。

あなたがまともな人間なら、辞めるのを決意するのに半年あれば十分な職場だからせいぜい頑張ってください、と心の中で思っていた。