ウラ日記

日々のことをつづります

病院

今日は病院に行ってきた。

 

昨日はまた悪寒がひどく熱も上がったけど、EVEを飲んで寝たら、今朝は熱も下がり、体もそれほどしんどくはなかった。ただ咳がひどく、もはや声は出ない。。。

 

病院で診察を受けたが、なんとも言えない医者だった。病院に行った時は熱もなく、声こそひどいが、喉もそこまで赤いというわけでもない、と。

 

38度超えが続いているのが気にはなるが、、、という程度で、これと言って診断を下されるわけでもなく、

咳が出る原因を調べる方法も採血をして調べるか、はたまた胸のレントゲンを撮るか、細菌からの感染の可能性もあるからとりあえず抗生物質を飲んでみるか、、といくつかの選択肢を出され、

あとは患者である私が選択するスタイル。

もちろん、とことん調べてください!!!というタイプの患者もいれば、とりあえず抗生物質だけください。みたいな患者もいるだろう。レントゲンだの採血だのをすると、当然お金もかかるし、選択させてくれるのはありがたいが、専門知識のない私たちに何もかも決めさせるのはちょっとどうなのかな?

 

せめて「私は〜〜〜〜という理由から、採血を勧めますが、どうなさいますか?」とか言って欲しかったなぁ。

 

結局抗生物質だけもらって帰って来た。行った意味、あったのかな。

 

子供のころから、とりあえず近所だからという理由で、風邪をひいた時は通っている病院だけど、今日だけでなくここ数回は不信感があることが多いので、もう行かないでおこう。

かかりつけの内科の病院を探した方がいいな。